年度「2024年度シラバス」、フォルダ「2024年度シラバス - 豊橋校舎 - 短期大学部
Detail of syllabus is in the following.
Subject Name   情報資源組織演習Ⅱ  
Charge Teacher   増井 史子  
Lectures target     Class      
Lecture Room   623教室   Course Time   秋学期  
Day・Period   木4   Unit Classification   必  
科目種別   演習   Unit Count  
Matter of prepare    
Notes    
テーマ Theme 件名標目表と分類法の実際  
概要 Synopsis 情報資源組織Ⅱ (講義)で得た知識に基づき、実際に『日本十進分類法』(NDC)や『基本件名標目表』(BSH)を使用して分類記号や件名を付与する演習を行います。演習を通じて資料の主題を分析し、統制語や分類記号に置き換える仕組みを学習します。  
到達目標 Aim BSHやNDCを使いこなす力の習得を目指します。演習課題に取り組むことでカリキュラム・マップの③資料・テキストを解釈する力、④データを分析する力、を身につけることも目標となります。  
授業形態 Class style 教科書を参照しつつ、プリントの問題による演習を行います。  
使用言語 Language(s) 日本語のみ Japanese only
アクティブ・ラーニングActive Learning  実習、フィールドワーク Applied practice , Fieldwork
内容・スケジュール Contents, schedule 第1週  講義:ガイダンス+図書館の目録における件名と分類の必要性
第2週  演習:『基本件名標目表 第4版』(BSH4)の付与規程と件名付与
第3週  演習:『基本件名標目表 第4版』(BSH4)の細目と件名付与
第4週  演習:『基本件名標目表 第4版』(BSH4)の総合演習①
第5週  演習:『基本件名標目表 第4版』(BSH4)の総合演習②
第6週  演習:『基本件名標目表 第4版』から『日本十進分類法 新訂10版』へ
第7週  演習:『日本十進分類法 新訂10版』(NDC10)の形式区分と0類・6類
第8週  演習:『日本十進分類法 新訂10版』(NDC10)の地理区分と2類・3類
第9週  演習:『日本十進分類法 新訂10版』(NDC10)の言語区分・言語共通区分・文学共通区分と8類・9類
第10週  演習:『日本十進分類法 新訂10版』(NDC10)の補助表と総合演習問題
第11週  演習:『日本十進分類法 新訂10版』(NDC10)の分類規程①
第12週  演習:『日本十進分類法 新訂10版』(NDC10)の分類規程②
第13週  演習:『基本件名標目表 第4版』と『日本十進分類法 新訂10版』(NDC10)の総合演習
第14週  演習:図書記号・著者記号と『日本十進分類法 新訂10版』(NDC10)
第15週  演習:授業のまとめと期末試験の説明  
準備学習・事後学習 Preparation, review 毎回課題を提出していただき、その解答に合わせて解説を次週の授業で行う格好になります。授業内容を学習した後で必ず課題を提出して下さい。  
準備学習・事後学習の時間 準備学習1時間 事後学習3時間(2単位科目)
学外授業 Outside activities 特にありません。  
成績評価の方法と基準 Evaluation&criteria 毎回出題する課題(最大60%)と期末試験(最大50%)で評価します。
課題一回毎に5%程度の得点が積み上げられていきます。正確な配点は、課題が出題できた回数により変動します。最終授業時までに具体的な配点を案内します  
定期試験期間中の試験実施方法 Exam period 定期試験期間中に筆記試験を実施する。An exam will be held during the exam period.
課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法 毎回の課題については、全員の回答を確認の上、不備がある場合は再提出を求めることがあります。全員が共通の課題の場合は、回答例をムードル上に掲載します。
期末試験については、採点終了後に正答と講評をムードル上に掲載します。  
テキスト Textbooks 『情報資源組織論 第2版』 榎本裕希子他著 学文社 2019

*生協ホームページで案内されている教科書リストも確認ください。  
参考図書 References *『基本件名標目表』、『日本十進分類法』(これらは、大学に備え付けですので、個人で用意する必要はありません。遠隔授業になった場合も教員側で対応します。詳細は開講後にお知らせします。)

*『情報資源組織法 日本目録規則2018年版・日本十進分類法新訂10版・基本件名標目表第4版対応』 日本図書館研究会編 日本図書館研究会 2020(上記の資料と「情報資源組織演習I」で扱う『日本目録規則』の抜粋が収められています。授業外でも積極的に学びたい方は是非ご用意下さい。)  
リンク Link  
Moodleへのリンク Moodle URL  
関連する科目、履修者への要望など Requests, etc *1時限目にガイダンスを行います。履修予定者はなるべく出席して下さい。

*時事的問題を扱う場合など、授業内容が変更されたり、順番が入れ替わる場合がありますのでご了承下さい。
 
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と授業科目の関連 各授業科目は、各学部・学科・研究科の定める学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、カリキュラム上に配置されています。学位授与方針と各授業科目との関連については、カリキュラム・マップに掲載されています。カリキュラム・マップでは、科目毎に到達目標を示し、それらの到達目標が、DPとCPに基づき設定された学習・教育目標、国際理解、地域理解・地域貢献のどの項目と関連するのかを示します。https://www.aichi-u.ac.jp/profile/concept#b-712470  
SDGsとの関連 Related SDGs