年度「2024年度シラバス」、フォルダ「2024年度シラバス - 豊橋校舎 - 短期大学部
Detail of syllabus is in the following.
Subject Name   情報資源組織Ⅰ  
Charge Teacher   細井 岳登  
Lectures target     Class      
Lecture Room   650教室   Course Time   春学期  
Day・Period   月4   Unit Classification   必  
科目種別   講義   Unit Count  
Matter of prepare    
Notes    
テーマ Theme 図書館における情報資源へのアクセスための方法としての図書館目録の機能や特質、および目録をめぐる動向や課題、展望  
概要 Synopsis   図書館においては多様な情報資源が存在するだけでなく、適切に組織化されることによって、利用者にとっての的確で効率的な情報資源へのアクセスが可能になる。図書館情報資源の組織化に関わる方法のうち、目録法と総称される書誌・目録作成の理論と技術や実態について、目録における書誌的記録の具体例や、図書館での検索の事例などを紹介し、また目録の歴史的発展や目録規則の変遷、作成方法の標準化や国際化の進展などを後付けながら、理解を図る。
  20世紀後半から21世紀の現在に至るコンピューター化やネットワーク化の技術的発展を踏まえ、コンピューター目録の普及、ネットワークを利用した書誌データ等の共有、流通の広がり、それらの動向に対応した目録機能の研究、国際目録原則や各国目録規則の改訂の動向、ウェブ上での情報組織化のためのメタデータの方式や、それらの要素技術を用いた新しい目録/書誌データベースへの活用なども紹介していく。
  そうした情報技術の発展や利用の広がり、それらを踏まえた目録をめぐる国際的動向を踏まえ、日本目録規則の改定作業が進められ、2018年12月、『日本目録規則2018年版』の冊子体が刊行された(続いてPDF版が2019年1月公開)。改訂に伴う変更点にも触れながら、従来の書誌的記録の記載方法と何が違うのか、図書館目録はどのようなものになり、利用の仕方もどのよう変わりうるのか、その特徴や求められる役割、課題について、また情報資源の効果的な発見、アクセスのために利用する側に求められることなども考えていきたい。
 
到達目標 Aim   図書館における目録とは何か?機能や構造・構成、目録を利用した情報資源検索の特質について理解する。さらに目録や規則の歴史的発展や、近年の目録規則をめぐる国内外の動向、デジタル/ネットワーク技術の発展に伴う目録や検索ツールの発展についての理解を踏まえて、図書館目録の展望や利用についての課題を知る。
 ただし講義回数が学部生対象の同様の授業より半分程度なので、情報資源の探索において目録の果たしている役割と目録の構造、構成について、基本的、基礎的な知識を最低限得ること。
 
授業形態 Class style 講義形式。授業時にレジュメや参考資料のプリントを配布。必要に応じて参考文献や記事の紹介,図書の実物など参考となる資料の回覧,インターネット上の関連サイトや参考情報の紹介なども行う。また宿題として、2~3回程度、小課題を課すことも考えている。  
使用言語 Language(s) 日本語のみ Japanese only
アクティブ・ラーニングActive Learning 
内容・スケジュール Contents, schedule 1.図書館における情報資源の探索と同定識別
2.図書館目録の構造と書誌的記録の形式および対象
3.図書館目録の機能:精度の高い検索と典拠コントロール
4.図書館目録の歴史と目録規則の標準化、国際化
5.目録機能の見直しと21世紀の国際目録原則、新しい目録規則
6.書誌情報のデジタル化と図書館目録のオンライン化-MARCとOPAC
7.インターネット/Webの情報資源の組織化とメタデータ技術
8.メタデータの活用と図書館目録の現在とこれから:書誌情報、典拠情報の展開
 
準備学習・事後学習 Preparation, review  授業中は能動的にノートをとり、各自のノートや配布したレジュメや資料を読んで、授業内容の理解に努めること。さらに実際に図書館での目録利用(資料検索)や、授業中に紹介した作品の閲覧(対照、比較)を通して、目録の機能や特徴について具体的に分かるようになること。
 
準備学習・事後学習の時間 準備学習0.5時間 事後学習0.5時間(1単位科目)
学外授業 Outside activities 予定なし  
成績評価の方法と基準 Evaluation&criteria 総合評価で評価する。
■学期末試験期間中に実施する筆記試験の評価(70%) ※図書館目録の機能や特質、目録をめぐる動向などについての基本的なことがらの理解、および目録を利用した情報資源の検索の実体験を踏まえた、図書館における情報資源資源へのアクセスについての理解で評価する。
■受講態度-授業への取り組みの姿勢および授業内容の理解度(30%) ※授業時にノートを取るなど学習内容の理解に努める姿勢、小課題への取り組み、出席確認を兼ねたリアクションペーパーへの記述-分かったこと/分からなかったこと、質問、感想などで評価する。
 出席回数は2/3以上を必須。満たない場合は期末試験の受験を認めない。但し病気や災害、事故などによる出席困難、実習等他の授業による欠席、留学・奨学金、就職等の説明会や試験への参加などの事情の場合、欠席届を提出の上、やむをえない理由と認めれば欠席扱いにはしない。






 
定期試験期間中の試験実施方法 Exam period 定期試験期間中に筆記試験を実施する。An exam will be held during the exam period.
課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法 授業期間中に課す小課題については、提出後の授業でコメントする。補足説明など解説を行う。リアクションペーパーに書かれた質問等については、次回授業時に回答する。  
テキスト Textbooks 特定のテキストは用いない。



※生協ホームページで案内されている教科書リストも確認ください。  
参考図書 References 授業にて適宜紹介する  
リンク Link  
Moodleへのリンク Moodle URL https://lms.aichi-u.ac.jp/2024/course/view.php?id=2198  
関連する科目、履修者への要望など Requests, etc   第1回目の授業では、同じ時間(月曜4限)で春学期後半に開講予定の、短大2年生が履修対象の「専門資料論」とこの「情報資源組織Ⅰ」の、開講日や回数、進め方などについての説明を行います。最初に専門資料論の受講生に説明とアンケートを行ってから、その後で、情報資源組織Ⅰの授業を始めます。それまで教室で待機してください。

 図書館利用の経験、本を探した経験が少ない学生は、基本的な事項を理解するのも大変そうである。従って図書館利用経験があまりない学生は、積極的に図書館を利用して、授業内容の理解に努めてほしい。

 なお情報資源組織演習Ⅰは、図書館目録の機能や特徴を理解しているとの前提で、具体的に書誌的記録作成にあたってもらうので、演習Ⅰを受講する上で、同時にこの授業を履修することが望ましい(両科目同時の履修が難しければ、1年次に先にこの科目を履修して、演習を2年次の履修にまわしても構いません)。  
 
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と授業科目の関連 各授業科目は、各学部・学科・研究科の定める学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、カリキュラム上に配置されています。学位授与方針と各授業科目との関連については、カリキュラム・マップに掲載されています。カリキュラム・マップでは、科目毎に到達目標を示し、それらの到達目標が、DPとCPに基づき設定された学習・教育目標、国際理解、地域理解・地域貢献のどの項目と関連するのかを示します。https://www.aichi-u.ac.jp/profile/concept#b-712470  
SDGsとの関連 Related SDGs