年度「2024年度シラバス」、フォルダ「2024年度シラバス - 豊橋校舎 - 短期大学部
Detail of syllabus is in the following.
Subject Name   卒業研究Ⅱ  
Charge Teacher   森川 竜哉  
Lectures target     Class   07  
Lecture Room   523教室   Course Time   秋学期  
Day・Period   金2   Unit Classification   必  
科目種別   卒業論文・卒業研究   Unit Count  
Matter of prepare    
Notes    
テーマ Theme 課題探求と理論的展開  
概要 Synopsis 短期大学部での学習の集大成である「卒業論文」を完成させる。  
到達目標 Aim 分析力・思考力・課題探求力・理論的展開力を身につけることができる。  
授業形態 Class style 演習形式(個別指導)で行う。  
使用言語 Language(s) 日本語のみ Japanese only
アクティブ・ラーニングActive Learning  ディスカッション、ディベート Discussion , Debate
グループワーク Group work
プレゼンテーション Presentation
内容・スケジュール Contents, schedule ①全体指導(1)-論文作成の方法等について-
②個別指導(1)-表紙・目次・問題意識の原稿提出-
③個別指導(2)-表紙・目次・問題意識の原稿返却-
④個別指導(3)-第1章の原稿提出-
⑤個別指導(4)-第1章の原稿返却-
⑥個別指導(5)-第2章の原稿提出-
⑦個別指導(6)-第2章の原稿返却-
⑧個別指導(7)-第3章の原稿提出-
⑨個別指導(8)-第3章の原稿返却-
⑩個別指導(9)-結論、参考文献の原稿提出-
⑪個別指導(10)-結論、参考文献の原稿返却-
⑫個別指導(11)-本論、「学習の記録」の原稿提出-
⑬個別指導(12)-本論、「学習の記録」の原稿返却-
⑭全体指導(2)-最終提出に向けての確認-
⑮最終提出-本論と「学習の記録」の原稿-

※個人の研究活動等の進行状況に応じて、適宜対応する。  
準備学習・事後学習 Preparation, review ■準備学習
各自の研究テーマに関する書籍・新聞・雑誌等を読み、内容を理解しておくこと。
■事後学習
各自の資料作成や発表、質疑応答等に対する指摘を整理しておくこと。  
準備学習・事後学習の時間 準備学習2時間 事後学習2時間(2単位科目)
学外授業 Outside activities 実施しない。  
成績評価の方法と基準 Evaluation&criteria 平常評価(100%)
■授業参加態度(30%)
報告(資料検索、論文作成・修正、質疑応答)により評価する。
その他、正当な理由以外での遅刻や周りの学生に迷惑をかける授業態度には退室を求めます。
■提出する卒業論文(60%)、「学習の記録」原稿(10%)
各自の問題意識からの分析力・思考力・探求力・理論構築力や展開力を評価する。  
定期試験期間中の試験実施方法 Exam period 定期試験期間中には筆記試験を実施しない。No exams are required during the exam period.
課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法 次回の授業日等を利用して、特徴的な視点や見解が記述されている論文原稿等を紹介する。  
テキスト Textbooks 特定のものは使用しない。プリント配布を行う。  
参考図書 References 授業中に指示する。  
リンク Link  
Moodleへのリンク Moodle URL  
関連する科目、履修者への要望など Requests, etc 履修者はMoodleを利用できるよう各自で準備して下さい。  
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と授業科目の関連 各授業科目は、各学部・学科・研究科の定める学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、カリキュラム上に配置されています。学位授与方針と各授業科目との関連については、カリキュラム・マップに掲載されています。カリキュラム・マップでは、科目毎に到達目標を示し、それらの到達目標が、DPとCPに基づき設定された学習・教育目標、国際理解、地域理解・地域貢献のどの項目と関連するのかを示します。https://www.aichi-u.ac.jp/profile/concept#b-712470  
SDGsとの関連 Related SDGs 働きがいも経済成長も Decent work and economic growth