年度「2024年度シラバス」、フォルダ「2024年度シラバス - 豊橋校舎 - 短期大学部
Detail of syllabus is in the following.
Subject Name   ビジネスマナー入門  
Charge Teacher   瀧崎 優佳  
Lectures target     Class   B  
Lecture Room   711教室   Course Time   秋学期  
Day・Period   月4   Unit Classification    
科目種別   講義   Unit Count  
Matter of prepare    
Notes    
テーマ Theme 社会人としての必要なビジネスマナーの基本の習得  
概要 Synopsis 社会に出て働き,さまざまな人と接する中で,相手を思いやる気持や尊敬する気持を表現できる人間になることを目指し,マナーの必要性を考える。社会人としての自覚と意識をもつことにより,社会人の心構えを身につけ,知識だけではなく実際に体得する。
挨拶やお辞儀などの基本動作を繰り返し行うことによって自然に行えることを目標として,面接対策となる内容も学び就職活動への第一歩とする。
また毎回気になった新聞記事について調べ、ペアまたはグループで社会課題やSDGsについて話し合い、自分の興味関心を知るとともに解決に向けて自分の考えが述べられるようにする。  
到達目標 Aim 就職活動を始めるにあたり社会人としての基本的なマナーを身につける。
言葉遣い、立ち居振る舞い、電話応対等、企業で通用するレベルとし、実践できる。  
授業形態 Class style 講義形式で行う。必要な資料等は授業中適宜配布する。  
使用言語 Language(s) 日本語のみ Japanese only
アクティブ・ラーニングActive Learning  PBL(課題解決型学習) Project-based learning
ディスカッション、ディベート Discussion , Debate
グループワーク Group work
プレゼンテーション Presentation
内容・スケジュール Contents, schedule 1. オリエンテーション
2. 社会人になるとは、なぜ働くのか、学生と社会人の違い
3. 社会人としての心構え、社会人として求められる資質
4. 職場の基本的なマナー、社会人としての身だしなみ
5. 基本動作Ⅰ
6. 基本動作Ⅱ
7. 正しい言葉遣いⅠ
8. 正しい言葉遣いⅡ
9. 話の仕方・敬語、名刺交換
10.話の聴き方
11.電話応対のマナーⅠ
12.電話応対のマナーⅡ
13.電話応対のマナーⅢ
14.電子メールのマナー・就職活動のマナー
15.ビジネスマナーのまとめ


 
準備学習・事後学習 Preparation, review 準備学習:社会人の心構えとして毎回必ず新聞記事、テレビニュースなどに目を通し、気になった記事について     
     まとめて自分の意見を書く。次回の授業の該当部分に目を通しておく。授業内で出た宿題を行う。
事後学習:授業で学んだことを復習する。授業内で解いた問題で間違えた問題をやり直す。  
準備学習・事後学習の時間 準備学習2時間 事後学習2時間(2単位科目)
学外授業 Outside activities 実施しない  
成績評価の方法と基準 Evaluation&criteria 総合評価で評価する。(100%)
■定期試験(80%)正しい言葉遣いや電話応対などの知識を理解できている
■平常評価(20%)授業中の態度がビジネスマナーとして実践できているかどうか。
 また積極的な発言や授業参加への取り組み、議論への貢献度により評価する。
 やむを得ない理由以外での欠席は減点の対象とする。
 
定期試験期間中の試験実施方法 Exam period 定期試験期間中に筆記試験を実施する。An exam will be held during the exam period.
課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法 ・提出されたレポートは、授業時に口頭にてフィードバックを行う。
・次回の授業日で課題の中の特徴的な見解や誤解についての解説や、学生のよくできたレポート等を紹介する。  
テキスト Textbooks 〈テキスト〉
これだけは知っておきたい面接対策&ビジネスマナー(ウイネット社発行)
講師作成プリント
 
参考図書 References 授業内で適宜紹介する  
リンク Link  
Moodleへのリンク Moodle URL  
関連する科目、履修者への要望など Requests, etc 就職活動に向け「社会人になるための準備」ということを意識して受講してほしい。そのため,授業中の飲食,携帯電話,等基本的なマナーは厳しく注意します。
二年次の「ビジネスマナー演習」を履修する際に必要な基礎となるビジネスマナーを学ぶため、履修が望ましい。  
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と授業科目の関連 各授業科目は、各学部・学科・研究科の定める学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、カリキュラム上に配置されています。学位授与方針と各授業科目との関連については、カリキュラム・マップに掲載されています。カリキュラム・マップでは、科目毎に到達目標を示し、それらの到達目標が、DPとCPに基づき設定された学習・教育目標、国際理解、地域理解・地域貢献のどの項目と関連するのかを示します。https://www.aichi-u.ac.jp/profile/concept#b-712470  
SDGsとの関連 Related SDGs 貧困をなくそう No poverty
飢餓をゼロに Zero hunger
すべての人に健康と福祉を Good health and well-being
質の高い教育をみんなに Quality education
ジェンダー平等を実現しよう Gender equality
安全な水とトイレを世界中に Clean water and sanitation
エネルギーをみんなに そしてクリーンに Affordable and clean energy
働きがいも経済成長も Decent work and economic growth
産業と技術革新の基盤をつくろう Industry, innovation, infrastructure
人や国の不平等をなくそう Reduced inequalities
住み続けられるまちづくりを Sustainable cities and communities
つくる責任 つかう責任 Responsible consumption, production
気候変動に具体的な対策を Climate action
海の豊かさを守ろう Life below water
陸の豊かさも守ろう Life on land
平和と公正をすべての人に Peace, justice and strong institutions
パートナーシップで目標を達成しよう Partnerships for the goals