年度「2024年度シラバス」、フォルダ「2024年度シラバス - 豊橋校舎 - 短期大学部
Detail of syllabus is in the following.
Subject Name   応用ドイツ語Ⅱ  
Charge Teacher   山村 比鶴  
Lectures target     Class   TB  
Lecture Room   244教室   Course Time   秋学期  
Day・Period   金3   Unit Classification   選必  
科目種別   語学   Unit Count  
Matter of prepare    
Notes    
テーマ Theme ドイツ語運用能力の総合的な育成。  
概要 Synopsis 入門・基礎ドイツ語で学んだ文法事項を基盤に、さらに上の段階を目指す。得た知識を実際に「使う」ことで、ドイツ語運用能力を向上させる。「使う」とはドイツ語で「読む・話す・書く・聞く」ことを指す。扱うテーマは現代ドイツ文化・生活であり、ドイツ語圏事情についても理解を深めていく。    
到達目標 Aim 入門・基礎ドイツ語で得た知識を踏まえて、それを一段階ステップアップさせた初級文法を身につけ、それを使って「読むこと」、「話すこと」「聞くこと」「書くこと」ができる。  
授業形態 Class style 演習形式で行う。ペアワーク・グループワークの協調学習が取り入れられる。  
使用言語 Language(s) 日本語と外国語 Japanese and foreign language(s)
アクティブ・ラーニングActive Learning  ディスカッション、ディベート Discussion , Debate
グループワーク Group work
内容・スケジュール Contents, schedule 1.  Lektion 7. 将来の夢・理由(1)         従属の接続詞・副文①
2. Lektion 7. 将来の夢・理由(2)         従属の接続詞・副文②
3. Lektion 8. 記念日(1)                   形容詞・序数①   
4. Lektion 8. 記念日(2)                   形容詞・序数② 
5. Lektion 9. 好みと趣味(1)     比較級・最上級①
6. Lektion 9. 好みと趣味(2)     比較級・最上級②
7. Lektion 10.  世界遺産 (1)            関係代名詞①       
8. Lektion 10.  世界遺産 (2)            関係代名詞②
9.Lektion 11. 名所・作品(1)     受動態・分詞①
10. Lektion 11. 名所・作品(2)     受動態・分詞②
11. Lektion 12. 夢・願望 (1)    接続法第Ⅱ式(非現実話法)①
12. Lektion 12.  夢・願望 (2)    接続法第Ⅱ式(非現実話法)②
13.Präsentation (1)           課題発表(1)
14.Präsentation (2)           課題発表(2)
15. Zusammenfassung                                   課題発表の振り返りと総括     


   
準備学習・事後学習 Preparation, review <事前学習>事前課題に取り組んだ上で授業に参加すること。授業の際にペア・グループ内で質問できるように準備すること。
<事後学習>事後学習はとくに重要である。授業内で扱った表現や語彙、文法事項をしっかり復習すること。  またドイツ語を聞いたり、書いたり、読んだり、話したりして実際に使うことを日々の生活の中に取り入れること。日々のニュースにもアンテナを張ること。

※準備・事後学習時間は目安であり、個人の状況に応じて積極的に学習をすること。  
準備学習・事後学習の時間 準備学習0.5時間 事後学習0.5時間(1単位科目)
学外授業 Outside activities 特になし  
成績評価の方法と基準 Evaluation&criteria 平常評価(100%)で評価する。

(1)授業参加態度(30%):授業に積極的に参加しているか、復習の効果が次の授業に反映されているかを中心に評価する。
(2)通常授業内で行う小テスト(30%):ドイツ語で書かれた文章の中から重要なポイントや情報を理解することができているか、ドイツ語で短い文を作成できるか、ドイツ語応用的語学能力を身につけ、運用できる力を有しているかを中心に評価する。  
(3)課題発表(40%):口頭及びパワポ資料を使って、学んだことを取り入れつつ、課題テーマについて、ドイツ語で伝える能力を有しているかを中心に評価する。  
定期試験期間中の試験実施方法 Exam period 定期試験期間中には筆記試験を実施しない。No exams are required during the exam period.
課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法 小テストを実施した際は、次の授業時に採点をした上で返却し、口頭で解説する。場合によっては解答の解説をMoodleに掲載する。
提出された課題は、次の授業時に口頭にてフィードバックを行う。
授業後のコメントは、まとめて次の授業時に口頭にてフィードバックを行う。場合によっては個別にコメントを返却する。
 
テキスト Textbooks 『シュピッツェ!2 コミュニケーションで学ぶドイツ語』新倉真矢子  他 著(朝日出版社) ISBN:978-4-255-25439-5

※生協ホームページで案内されている教科書リストも確認ください。  
参考図書 References 授業内で随時紹介する。    
リンク Link  
Moodleへのリンク Moodle URL  
関連する科目、履修者への要望など Requests, etc 応用ドイツ語を履修される前に、入門・基礎ドイツ語で学んだ内容をしっかりと復習した上で受講してください。
授業は授業以外にも自律的に学習をつづけることを念頭に展開します。よって日々アンテナを張って、ドイツ語に触れる機会をご自身で確保することを期待します。  
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と授業科目の関連 各授業科目は、各学部・学科・研究科の定める学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、カリキュラム上に配置されています。学位授与方針と各授業科目との関連については、カリキュラム・マップに掲載されています。カリキュラム・マップでは、科目毎に到達目標を示し、それらの到達目標が、DPとCPに基づき設定された学習・教育目標、国際理解、地域理解・地域貢献のどの項目と関連するのかを示します。https://www.aichi-u.ac.jp/profile/concept#b-712470  
SDGsとの関連 Related SDGs 人や国の不平等をなくそう Reduced inequalities
平和と公正をすべての人に Peace, justice and strong institutions