年度「2024年度シラバス」、フォルダ「2024年度シラバス - 豊橋校舎 - 短期大学部
Detail of syllabus is in the following.
Subject Name   基礎ドイツ語Ⅱ  
Charge Teacher   村元 麻衣  
Lectures target     Class      
Lecture Room   65E教室   Course Time   秋学期  
Day・Period   水4   Unit Classification   選必  
科目種別   語学   Unit Count  
Matter of prepare    
Notes    
テーマ Theme ドイツ語のコミュニケーション力を身に付ける  
概要 Synopsis 日本語と英語以外の言語に触れることで、言語の多様性を学ぶと同時に、その言語の持つ世界や視点、文化についての知識を得て、幅広い興味や視野を養成する。またクラスでのコミュニケーションを通じて、日常生活の中にある異文化を意識する。  
到達目標 Aim ドイツ語が話されている地域への理解を深める
正しい発音を身につける
積極的な発話姿勢を身に付ける
コミュニケーションに必要なドイツ語の文法知識を身につける (CEFRのA1レベル)  
授業形態 Class style 演習形式  
使用言語 Language(s) 日本語と外国語 Japanese and foreign language(s)
アクティブ・ラーニングActive Learning  ディスカッション、ディベート Discussion , Debate
グループワーク Group work
プレゼンテーション Presentation
内容・スケジュール Contents, schedule 1. はじめに:前期に学習したことを振り返る。後期を通して学習する内容を確認する。

2. 乗り物、施設、道案内:乗り物、町にある施設、方向の表現を確認する。道を尋ね、道を案内する練習をペアで行う。Flipgridで撮影し、ペアごとに動画をアップする。

3. Edpuzzle(5):“Felicio aus Brasilien”のドイツ語の動画をペアで見る。ブラジル人Felicioの目を通してドイツ文化と日本文化を比較してみる。Felicioにペアでメッセージを作成する。

4. 家族(1):家族構成の説明に必要な表現を確認する。ドイツと日本の結婚観を比較する。

5. 家族(2):家族についてクラスの友達にインタビューする。家族のイメージをグループごとにポスターにしてクラスで発表する。

6. 1日の日課(1):朝起きてから寝るまでの1日の日課をペアで聞き合う。クラスの友達に、朝起きる時間と大学までの移動手段、週に何時間バイトをしているかインタビューする。Flipgridで撮影し、ペアごとに動画をアップする。

7. 1日の日課(2):ドイツの大学生の日課を調べてみる。自分とどこが違うか考えてみる。ドイツの大学生になったつもりで、日本の友達にドイツ語で絵葉書を書く。

8. 誕生日:誕生日をペアで尋ね合い、クラスの友達にもインタビューをする。何月生まれが多いかを調べる。誕生日に何をするかをペアで尋ね合い、自分の誕生日を作文にする。作文をグループで読み合う。誕生日のイメージでアートテクストを作成する。

9. クリスマス:ドイツではクリスマスをどのように祝うか確認する。クラスの友達が、クリスマスに何を食べるか、お正月は何をするかインタビューする。

10. 注意すべきドイツ語の発音(4):二重母音や子音の発音を再度確認する。
  ドイツ語の歌:“Je ne parle pas français”を(0.5倍速で)歌ってみよう。
  https://youtu.be/Cz1rJtlGHVs

11. ミニプレゼン:プレゼンに必要な表現を復習する。ペアでミニプレゼンを録画し、Flipgridに動画をアップする。

12. ミニプレゼンの準備(1):グループでプレゼンのテーマを決める。

13. ミニプレゼンの準備(2):プレゼンの資料を作る。

14. ミニプレゼンの準備(3):プレゼンの練習をする。

15. 総括: これまでの授業を総括する。
 
準備学習・事後学習 Preparation, review 本授業では予習・復習に十分時間を割く必要があります。
予習・復習として、携帯アプリを使った単語学習等、オンライン上で取り組む課題もあります。発表のための準備も各自行ってください。  
準備学習・事後学習の時間 準備学習0.5時間 事後学習0.5時間(1単位科目)
学外授業 Outside activities ありません。  
成績評価の方法と基準 Evaluation&criteria 平常点:授業における参加態度、課題に対する取り組み、小テスト (70%)
課題・レポート (30%)

5回以上の欠席者は欠格とします。    
定期試験期間中の試験実施方法 Exam period 定期試験期間中には筆記試験を実施しない。No exams are required during the exam period.
課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法 授業アンケートのコメントをフィードバック時に一緒に紹介します。  
テキスト Textbooks 使用しません。  
参考図書 References 授業で紹介します。    
リンク Link https://padlet.com/maimu/o05l1yh1smeqao1l  
Moodleへのリンク Moodle URL  
関連する科目、履修者への要望など Requests, etc 学生の積極的な授業参加を期待しています。
宿題・課題の取り組みは授業参加の必須となります。その宿題の中には、次週の予習となるものも含まれます。
遅刻は他の学生の迷惑になりますので、減点の対象とし、15分以上の遅刻(退出)は欠席とします。
やむをえない事情で授業を欠席した場合は、各自でフォローをする。その日に配布されたプリントはコピーし、課された宿題も次週までに各自調べて取り組んでおく。
教室での携帯電話の使用は、こちらから指示がない限り認めません。

関連科目:「ドイツ語入門1」、「ドイツ語入門2」、「ドイツ語基礎1」    
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と授業科目の関連 各授業科目は、各学部・学科・研究科の定める学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、カリキュラム上に配置されています。学位授与方針と各授業科目との関連については、カリキュラム・マップに掲載されています。カリキュラム・マップでは、科目毎に到達目標を示し、それらの到達目標が、DPとCPに基づき設定された学習・教育目標、国際理解、地域理解・地域貢献のどの項目と関連するのかを示します。https://www.aichi-u.ac.jp/profile/concept#b-712470  
SDGsとの関連 Related SDGs