年度「2024年度シラバス」、フォルダ「2024年度シラバス - 豊橋校舎 - 短期大学部
Detail of syllabus is in the following.
Subject Name   応用中国語Ⅱ  
Charge Teacher   許 賢科  
Lectures target     Class   TB  
Lecture Room   243教室   Course Time   秋学期  
Day・Period   火4   Unit Classification   選必  
科目種別   語学   Unit Count  
Matter of prepare    
Notes    
テーマ Theme 中国語運用能力の養成  
概要 Synopsis この授業では、会話形式の文章を主体とし、多彩なドリルに取り組むことでこれまで学んだ中国語の基礎を定着させ、身近な事柄や自分の考え方についてまとまりのある文章で表現し、他者と対話できる力を涵養します。
・基本的にテキスト(『もっと話そう!異文化おもしろ体験 中級中国語』)の流れに沿って授業を進めていきます。秋学期は第7課から第12課まで進める予定です。復習も行います。また、おおよそ2課進むごとに1回、簡単な小テストを実施します。
・テキストの内容を通して、中国の風俗習慣や歴史、社会事情などについも学び、中国および中国文化に対する理解の深化を図ります。  
到達目標 Aim 入門・基礎中国語で身につけた文法事項、単語を踏まえながら、発音の基礎をより強固なものにする。実際に中国語を使い、いくつかの場面を通して、習ったことを口頭でも言えるように練習し、実際に使えるレベルまでの基礎的語学能力を身につける。  
授業形態 Class style 講義形式と演習形式を併用する形で行います。教員が講義をするだけではなく、受講生がペアとなって会話の練習をしたり、問題・課題の解答を発表したり、積極的に授業に参加してもらいます。  
使用言語 Language(s) 日本語と外国語 Japanese and foreign language(s)
アクティブ・ラーニングActive Learning  ディスカッション、ディベート Discussion , Debate
内容・スケジュール Contents, schedule 1   ガイダンス、第1~6課のおさらい
2   第7課 このワンピース,似合う?(ポイント・本文)
3   第7課 このワンピース,似合う?(ドリル)
4   第8課 具合が悪いの? (ポイント・本文)
5   第8課 具合が悪いの? (ドリル)
6   第9課 日本の電車は本当に静か (ポイント・本文) 
7   第9課 日本の電車は本当に静か (ドリル)
8   復習
9   第10課 ちょっと休みましょう (ポイント・本文)
10  第10課 ちょっと休みましょう (ドリル)
11  第11課 メリー・クリスマス! (ポイント・本文)
12  第11課 メリー・クリスマス! (ドリル)
13  第12課 ますます日本が好きになった (ポイント・本文)
14  第12課 ますます日本が好きになった (ドリル)
15  復習  
準備学習・事後学習 Preparation, review ・新出単語、ポイント、本文を予習して授業に出席すること。
・復習として、教科書の本文・例文についてなめらかに読めるまで練習すること。
・宿題になっている課題を次の授業までに終わらせておくこと。
・小テストの勉強を自主的に行うこと。  
準備学習・事後学習の時間 準備学習0.5時間 事後学習0.5時間(1単位科目)
学外授業 Outside activities なし  
成績評価の方法と基準 Evaluation&criteria [総合評価]
定期試験50%、平常点(授業への参加状況、宿題への取り組みなど)30%、小テスト20%により、総合的に評価します。定期試験および小テストはテキストで学習した範囲から出題し、中国語の運用力がどのくらい身についたかを測ります。  
定期試験期間中の試験実施方法 Exam period 定期試験期間中に筆記試験を実施する。An exam will be held during the exam period.
課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法 小テストは採点後、次の授業で返却し解説します。宿題は随時チェックします。  
テキスト Textbooks 陳淑梅・胡興智・劉渇氷『もっと話そう!異文化おもしろ体験 中級中国語』朝日出版社

※生協ホームページで案内されている教科書リストも確認してください。  
参考図書 References 相原茂他『中国語学習Q&A101』大修館書店
輿水優・島田亜実『中国語 わかる文法』大修館書店
杉村博文『中国語文法教室』大修館書店

その他、辞書・参考書は授業の際に必要に応じて紹介します。  
リンク Link  
Moodleへのリンク Moodle URL  
関連する科目、履修者への要望など Requests, etc ・ダウンロードした音声を活用し、自宅でもくり返し音読練習することを勧めます。
・わからないことがあれば遠慮なく質問してください。
・予習と復習、課題を欠かさないこと。
・やむを得ない事情がなり限り、テキストを持参の上、毎回出席してください。
・欠席届についてはMoodle参照。  
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と授業科目の関連 各授業科目は、各学部・学科・研究科の定める学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、カリキュラム上に配置されています。学位授与方針と各授業科目との関連については、カリキュラム・マップに掲載されています。カリキュラム・マップでは、科目毎に到達目標を示し、それらの到達目標が、DPとCPに基づき設定された学習・教育目標、国際理解、地域理解・地域貢献のどの項目と関連するのかを示します。https://www.aichi-u.ac.jp/profile/concept#b-712470  
SDGsとの関連 Related SDGs 質の高い教育をみんなに Quality education