年度「2024年度シラバス」、フォルダ「2024年度シラバス - 豊橋校舎 - 短期大学部
Detail of syllabus is in the following.
Subject Name   基礎中国語Ⅱ  
Charge Teacher   張 慧娟  
Lectures target     Class      
Lecture Room   650教室   Course Time   秋学期  
Day・Period   火2   Unit Classification   選必  
科目種別   語学   Unit Count  
Matter of prepare    
Notes    
テーマ Theme 文法理解と発音練習に基づく中国語の「読み、書き、聴き、話す」基礎の習得。  
概要 Synopsis 中国語でコミュニケーションするための「読み、書き、聴き、話す」基礎を学習します。まずは、ひととおりのピンインを学び、正確な発音を身につけましょう。 この授業は、下記のテキスト(テキスト・参考図書の欄参照)の内容に沿って発音練習・文法説明・会話練習・閲読本文の読解を中心に、練習問題を活用して学習内容の定着を確認しながら進めます。また、テキストの内容を通して、ことばの文化背景についても知識を深め、時には中国における民族習慣や文化について紹介します。後期の進度については、前期学んだ内容を復習し、第10課から第16課までを学習します。  
到達目標 Aim 会話、文法ポイント、短文の学習と読解による発音・語彙・文法の理解に基づいて、中国語でコミュニケーションするための「読み、書き、聴き、話す」基礎力を身につけることを目標とします。  
授業形態 Class style 毎回の授業は講義形式で内容を解説したのち、中国語による表現を反復練習します。テキストの日本語訳や中国語の文法・語彙について、全員に発言を求めます。  
使用言語 Language(s) 日本語と外国語 Japanese and foreign language(s)
アクティブ・ラーニングActive Learning  PBL(課題解決型学習) Project-based learning
グループワーク Group work
内容・スケジュール Contents, schedule 第一回 第10课 「好一点儿了吗?」、主述述語文、二つの“了”、「少し」の言いかた、願望・意志の   
    助動詞、「対話」。
第二回 第10课 ポイント復習、「対話」復習、「閲読」、練習問題。
第三回 第10课の小テスト、第11课 「我在看中国地图。」、「~している」、連動文、結果補語、動詞
    /形容詞+“的”+名詞、「対話」。
第四回 第11 课 ポイント復習、「対話」復習、「閲読」、練習問題。
第五回 第11课の小テスト、第12课 「你会开车吗?」,助動詞1 可能の助動詞、助動詞2 必然・当
    然の助動詞、“(是)~的”構文、“才”と“就”、「対話」。
第六回 第12课 ポイント復習、「対話」復習、「閲読」、練習問題。
第七回 第12课の小テスト、第13课 「谁叫你们汉语?」、様態補語、二重目的語をとる動詞、受身文、動
    詞の重ね型、「対話」。 
第八回 第13课 ポイント復習、「対話」復習、「閲読」、練習問題。
第九回 第13课の小テスト、第14课 「我把她送到车站。」、存現文、方向補語、可能補語、“把”構
    文、「対話」。
第十回 第14课 ポイント復習、「対話」復習、「閲読」、練習問題。
第十一回 第14课の小テスト、第15课「你一定能背得很好!」、状況の確認“是不是
         A”、“又”と“再”、反語の表現、使役文“让”、「対話」。  
第十二回 第15课 ポイント復習、「対話」復習、「閲読」、練習問題。 
第十三回 第15课の小テスト、第16课 「千里之行,始于足下。」、複文、A是A、禁止の表現、“有”の
          謙語文 後置される修飾語、「対話」。
第十四回 第16课 ポイント復習、「対話」復習、「閲読」、練習問題。
第十五回 第16课の小テスト、総合復習。

 この科目は前期で第9課まで学習しており、後期も第10課から継続して学習します。テキストは第4課から第16課まで、各課と巻末の2種類の練習問題がセットになっていますので、進度に合わせて適宜活用します。  
準備学習・事後学習 Preparation, review 準備学習:前回までに学習した内容をおおむね身に着け、さらに当該授業回に学習する本文、ポイントの
          例文、練習の文章をしっかり音読して、日本語に訳しておくこと。
事後学習:発音、朗読の反復練習と単語、文法事項の暗記が必須です。
          1年次の中国語の授業を通して学習する初級レベルの内容をその都度きちんと身につけられる
         ように日常から総ざらいを心掛けて下さい。その上で、毎回の授業の予習復習を欠かさないこ
          と(当たり前のことをしていれば自ずと力はつきます)。
 
準備学習・事後学習の時間 準備学習0.5時間 事後学習0.5時間(1単位科目)
学外授業 Outside activities なし  
成績評価の方法と基準 Evaluation&criteria 平常評価(100%)

授業参加態度(70%):小テスト提出、質問答えなど。やむを得ない理由以外の欠席は減点の対象とする。
応用能力(30%):学んだ言葉を積極的に用いて人とコミュニケーションをとる。
 
定期試験期間中の試験実施方法 Exam period 定期試験期間中には筆記試験を実施しない。No exams are required during the exam period.
課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法 小テストを実施した際は、次の授業時に採点をした上で返却し、口頭で解説する。授業後のコメントは、まとめて次の授業時に口頭にてフィードバックを行う。場合によっては個別にコメントを返却する。  
テキスト Textbooks 内田 慶市ほか著『中国語への道ー近きより遠きへー』(初級編)(改訂新版)

※生協ホームページで案内されている教科書リストも確認ください。    
参考図書 References 張 慧娟 王武雲著 朱 藝『楽しく学ぼうやさしい中国語〈基本編〉』 ikubundo
尹 景春 竹島 毅 著『〈最新2訂版〉中国語はじめの一歩』 白水社
 
リンク Link  
Moodleへのリンク Moodle URL  
関連する科目、履修者への要望など Requests, etc 授業中の中国語と関係ない私語と遅刻をしないように気をつけましょう。授業はかなり早いペースで進みますから、地道な予習・復習を心掛けて下さい。疑問があれば遠慮せずにすぐ質問して、早いうちに疑問を解消するようにしてください。特に、正しい発音を身につければ、中国語の学習効率は飛躍的に高くなって、明るい未来が待っています。初歩から常に中国語としっかり付き合いましょう。  
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と授業科目の関連 各授業科目は、各学部・学科・研究科の定める学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、カリキュラム上に配置されています。学位授与方針と各授業科目との関連については、カリキュラム・マップに掲載されています。カリキュラム・マップでは、科目毎に到達目標を示し、それらの到達目標が、DPとCPに基づき設定された学習・教育目標、国際理解、地域理解・地域貢献のどの項目と関連するのかを示します。https://www.aichi-u.ac.jp/profile/concept#b-712470  
SDGsとの関連 Related SDGs