年度「2024年度シラバス」、フォルダ「2024年度シラバス - 豊橋校舎 - 短期大学部
Detail of syllabus is in the following.
Subject Name   スポーツ・健康実習  
Charge Teacher   岡本 浄実  
Lectures target     Class   TA  
Lecture Room   テニスコート   Course Time   春学期  
Day・Period   月1   Unit Classification   選必  
科目種別   実習   Unit Count  
Matter of prepare    
Notes    
テーマ Theme 生涯スポーツの1つとしてテニスを楽しむための技術とマナーを学ぶ  
概要 Synopsis 本授業では、生涯スポーツとしてテニスを楽しむための技術やマナーを学びます。授業では、学生同士の交流を積極的に行います。また、競技力向上を目的とせず、いろいろなテニスの楽しみ方について体験的に学びましょう。  
到達目標 Aim 1. テニスの基本ストロークの名称など基本事項を説明することができる。
2. テニスの基本ストロークを打つことができる。
3. テニスのダブルスルールに基づきプレーし、審判をすることができる。  
授業形態 Class style テニスコートにおける実習形式の授業  
使用言語 Language(s) 日本語のみ Japanese only
アクティブ・ラーニングActive Learning  グループワーク Group work
内容・スケジュール Contents, schedule 1. ガイダンス コートなどの設備、本時のウォーミングアップについて グリップ・フットワーク
2. フォアハンドストローク
3. フォアハンドストローク(マシン)
4. バックハンドストローク
5. ラリーを中心としたミニゲーム
6. サーブ(フラット・スライス)
7. レシーブ(サーブ・レシーブ・ラリー)
8. ボレー・スマッシュ
9. ダブルスゲームのルール
10. 全チームと1ゲームマッチ
11. ダブルス リーグ戦(3ゲームマッチ)
12. ダブルス リーグ戦(3ゲーム先取)
13. ダブルス 1セットマッチ
14. ダブルス トーナメント
15. シングルスゲーム  
準備学習・事後学習 Preparation, review 【事前学習】規則正しい生活を行い体調管理を行うこと。
【事後学習】授業で学んだ技術のポイントを振り返りを行うこと。  
準備学習・事後学習の時間 準備学習0.5時間 事後学習0.5時間(1単位科目)
学外授業 Outside activities 学外授業は実施しない  
成績評価の方法と基準 Evaluation&criteria 平常評価(100%)
受講態度(80%):競技を追求しようとする自主性や積極性、到達目標の達成度から評価する。
貢献度(20%):授業の準備・片付け・ゲームの運営などから評価する。  
定期試験期間中の試験実施方法 Exam period 定期試験期間中には筆記試験を実施しない。No exams are required during the exam period.
課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法 実技のためレポートは課さないが確認のため実技テストを行う場合はその場でフィードバックを行う。  
テキスト Textbooks テキストは、使用しません。  
参考図書 References 大修館書店編集部:スポーツルール2023、2023
ともやん:ダブルス紙レッスン、KADOKAWA 2023  
リンク Link  
Moodleへのリンク Moodle URL https://lms.aichi-u.ac.jp/2024/course/view.php?id=2172  
関連する科目、履修者への要望など Requests, etc 1. 屋外で実施します。できるだけ帽子を着用するとよいと思います。
2. 水分を毎時、持参してください。
3. テニスシューズが望ましい。テニスシューズでない場合は、地面に触れる部分(靴の裏)が平らなシューズを使用してください。
4. 必ずジャージ(運動に適した服装)を準備してください。
5. ペアやグループで活動します。遅刻をしないようにしてください。  
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と授業科目の関連 各授業科目は、各学部・学科・研究科の定める学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、カリキュラム上に配置されています。学位授与方針と各授業科目との関連については、カリキュラム・マップに掲載されています。カリキュラム・マップでは、科目毎に到達目標を示し、それらの到達目標が、DPとCPに基づき設定された学習・教育目標、国際理解、地域理解・地域貢献のどの項目と関連するのかを示します。https://www.aichi-u.ac.jp/profile/concept#b-712470  
SDGsとの関連 Related SDGs