年度「2024年度シラバス」、フォルダ「2024年度シラバス - 豊橋校舎 - 短期大学部
Detail of syllabus is in the following.
Subject Name   英語初級Ⅰ  
Charge Teacher   中嶋 こずえ  
Lectures target     Class   B  
Lecture Room   624教室   Course Time   春学期  
Day・Period   金2   Unit Classification   選必  
科目種別   語学   Unit Count  
Matter of prepare    
Notes    
テーマ Theme 基本的な文法の理解、読解やリスニングの基礎  
概要 Synopsis これまで理解しにくかった文法をしっかり復習しながら、英文を読んだり、聞いたり、表現するための基本的な力をつけることを目標とする。  
到達目標 Aim 基本的な文法を理解し、読解やリスニング、表現につなげる力を習得する  
授業形態 Class style 原則として演習形式  
使用言語 Language(s) 日本語と外国語 Japanese and foreign language(s)
アクティブ・ラーニングActive Learning  グループワーク Group work
内容・スケジュール Contents, schedule 第1回 はじめに(授業の進め方、予習復習の仕方、評価等について説明する)
第2回 Unit 1 Be動詞/ Profile
第3回 Unit 2 一般動詞(1)/ Sports
第4回 Unit 3 一般動詞 (2)/ Special Occasions
第5回 Unit 4 人称代名詞/ Families
第6回 Unit 5 Wh疑問文/ Japan Quiz
第7回 Unit 6 過去形/ Love & Marriage
第8回 まとめ/中間テスト
第9回  Unit 7 現在完了形(1)/ Life History  
第10回 Unit 8 現在完了形(2)/ Leisure
第11回 Unit 9 進行形/ College Life
第12回 Unit 10 未来表現/ On Vacation
第13回 Unit 11 助動詞(1)/ Out and About
第14回  Unit 12 助動詞(2)/ Rules
第15回 臨時試験  
準備学習・事後学習 Preparation, review 準備学習:授業で指示した箇所の予習をする。Vocabularyを調べたり、練習問題をあらかじめ解いて授業に参加する。
事後学習:授業内容の復習をする。課題に取り組む。  
準備学習・事後学習の時間 準備学習0.5時間 事後学習0.5時間(1単位科目)
学外授業 Outside activities 行わない  
成績評価の方法と基準 Evaluation&criteria 平常評価とする。
平常点(授業への参加,授業態度,提出物、小テスト等)50%、臨時試験50%とする。
授業への参加、受講態度:予習復習をし積極的に授業に参加しているか、授業中の取り組みの様子や発表、質疑応答を通して判断する。
提出物および小テスト:授業中に答え合わせをする練習問題や小テストで理解を確認する。
まとめテスト:基本的な文法の理解、語彙、基礎的な読解やリスニングの習熟度を測る。  
定期試験期間中の試験実施方法 Exam period 定期試験期間中には筆記試験を実施しない。No exams are required during the exam period.
課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法 課題・テストに対しては授業時に口頭にてフィードバックを行う。  
テキスト Textbooks 山本厚子他「コミュニケーションのためのベーシック・グラマー -最新版」成美堂 

※生協ホームページで案内されている教科書リストも確認ください。  
参考図書 References 特定のものは使用しない。高校時代に用いた文法書があれば参考にするとよい。  
リンク Link  
Moodleへのリンク Moodle URL https://lms.aichi-u.ac.jp/2024/course/view.php?id=1876  
関連する科目、履修者への要望など Requests, etc 辞書、プリントを整理するファイル等,学習に必要なものを各自用意しておくこと。  
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と授業科目の関連 各授業科目は、各学部・学科・研究科の定める学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、カリキュラム上に配置されています。学位授与方針と各授業科目との関連については、カリキュラム・マップに掲載されています。カリキュラム・マップでは、科目毎に到達目標を示し、それらの到達目標が、DPとCPに基づき設定された学習・教育目標、国際理解、地域理解・地域貢献のどの項目と関連するのかを示します。https://www.aichi-u.ac.jp/profile/concept#b-712470  
SDGsとの関連 Related SDGs 人や国の不平等をなくそう Reduced inequalities
パートナーシップで目標を達成しよう Partnerships for the goals