年度「2023年度シラバス」、フォルダ「2023年度シラバス - 豊橋校舎 - 短期大学部
Detail of syllabus is in the following.
Subject Name   発想・議論演習  
Charge Teacher   谷 彰  
Lectures target     Class   05  
Lecture Room   64A教室   Course Time   秋学期  
Day・Period   水1   Unit Classification   必  
科目種別   演習   Unit Count  
Matter of prepare    
Notes    
テーマ Theme テーマに基づく発表や討論について学ぶ  
概要 Synopsis この演習では、各自が選んだテーマやトピックについて考え、それを発表やグループディスカッション等を通してより深いものにしていくプロセスを学びます。発表やレポートの作成にあたり、必ず一定量の文献図書を読むことが求められます。  
到達目標 Aim 文献資料の探し方、読み方を理解することができる。
発想技法を理解し、テーマに基づく論点整理ができる。
グループ討論などの議論に参加することができる。  
授業形態 Class style 演習形式で行う。講義を聴くのではなく、学生自身が行う活動が主体となるので、授業への出席・参加がもっとも重要な要素となる。演習形式で行う。プリントなどの配布や、課題・発表資料の提出のためにMoodleを活用する。  
使用言語 Language(s) 日本語のみ Japanese only
アクティブ・ラーニングActive Learning  PBL(課題解決型学習) Project-based learning
ディスカッション、ディベート Discussion , Debate
グループワーク Group work
プレゼンテーション Presentation
内容・スケジュール Contents, schedule 1.授業のガイダンス(講義)
2.スピーチⅠ
3.スピーチⅡ
4.プレゼンの仕方・発表資料の作り方(講義)
5.映画鑑賞Ⅰ
6.映画鑑賞Ⅱ & 感想文提出
7.プレゼンⅠ ~問題提起
8.プレゼンⅡ ~問題点の掘り下げ
9.グループ討議の進め方と討議報告の仕方(講義)
10.レポート作成とレポート発表の仕方(講義)
11.卒業研究ガイダンス(1年生全体を対象としたゼミ説明会)
12.グループ討議
13.プレゼンⅢ ~グループ討議報告
14.レポート作成 & 相談日
15.プレゼンⅣ ~レポート発表 & レポート提出

※授業スケジュールは履修人数に応じて変更する場合がある。また、授業内容に応じて教室変更する場合もある。何れの場合も、事前に対面授業やMoodleで連絡する。  
準備学習・事後学習 Preparation, review ■準備学習
日頃より興味・関心のある分野の書籍・新聞・雑誌等を読む。テキストを入手し授業開始までに読んでおく。
スピーチやプレゼンの準備を余裕を持って進める。
■事後学習
授業や配布資料の内容を理解・整理しておく。各発表についてのコメントをまとめ、期限までに提出する。  
準備学習・事後学習の時間 準備学習3時間 事後学習1時間(2単位科目)
学外授業 Outside activities なし  
成績評価の方法と基準 Evaluation&criteria 以下を総合した平常評価(100%)
■授業参加態度(30%):感想文や発表へのコメント課題(質疑応答への積極的な参加も評価に加える)
■スピーチ(20%):発表内容や発表態度に基づき評価
■プレゼン(30%):発表資料の体裁や分量、発表内容や発表態度に基づき評価
■レポート(20%):レポートの構成、文章表現、内容により評価
※授業の欠席・遅刻は減点対象(初回授業から)となり、原則として5回以上の欠席は認めない。但しやむを得ない事情に基づく場合は除く。また、スピーチ原稿やプレゼン資料の事前提出状況も評価の一部となる。  
定期試験期間中の試験実施方法 Exam period 定期試験期間中には筆記試験を実施しない。No exams are required during the exam period.
課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法 スピーチ・プレゼン・課題・レポートは採点した上で、Moodleでコメントをフィードバックする。  
テキスト Textbooks このクラスでは、梨木香歩『西の魔女が死んだ』(新潮文庫)をテキストとして使用する。生協ホームページなどで確認の上、授業開始までに購入しておくこと。また、適宜プリントを配布する。  
参考図書 References 必要に応じて授業中に紹介する。  
リンク Link  
Moodleへのリンク Moodle URL  
関連する科目、履修者への要望など Requests, etc 授業プリントや担当者の発表資料は印刷して授業で配布するが、課題はMoodleに掲示するので、必要に応じて授業にノートパソコンを持参すること。
プレゼン担当となったら、発表前日までに発表資料をMoodleに提出してもらうので、早めに準備に取り掛かること。
※ 状況に応じて、オンデマンド授業で行う場合もある。事前に授業やMoodleで周知するので、その心づもりでいること。また、対面・遠隔の別なくMoodleを活用するので、毎回Moodleのコースを確認すること。  
学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と授業科目の関連 各授業科目は、各学部・学科・研究科の定める学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)と教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に基づき、カリキュラム上に配置されています。学位授与方針と各授業科目との関連については、カリキュラム・マップに掲載されています。カリキュラム・マップでは、科目毎に到達目標を示し、それらの到達目標が、DPとCPに基づき設定された学習・教育目標、国際理解、地域理解・地域貢献のどの項目と関連するのかを示します。https://www.aichi-u.ac.jp/profile/concept#b-712470